"子"だからこそできる見せ方で
アイデア溢れる参加型「塾」

"親の遺品をどうしよう?"という、多くの遺族が抱える問題の一つの答えである「人物記念館」。
親族自身が運営に携わることに対する想いを伺いました。

interviewee:盛田 直子様(盛田昭夫塾 館長)
interviewer:木原 智美(フィールドアーカイヴ 代表)

様々な想いがこもった
使いながら遺す ”みんなの邸宅”

取り壊し反対の想いをつらぬいて建物の保存に成功したお話とあわせて、そこに至るまでの苦労話やこれからの懸念点を伺いました。

interviewee:杉浦様(半六コラボ理事長)、阿部様(半六コラボ副理事)
interviewer:木原(フィールドアーカイヴ 代表)

江戸時代から続く
平洲先生を慕う人々の憩いの森

弊社の本『情熱の気風』に登場する細井平洲先生の記念館。東海市の成り立ちから様々な場所から来た人々に対しての拠り所として、記念館の存在が必要だったという興味深いお話を伺うことができました。

interviewee:立松様(平洲記念館 館長)
interviewer:木原(フィールドアーカイヴ 代表)

専売という歴史的な側面から、たばこと塩の正しい情報を伝える

官業(国が行う事業)だった頃からの貴重な古い収蔵品だけでなく、実物大でスケールの大きな展示物を新たに制作したり企画イベントを行うなど、常に人々の興味を引く展示方法について伺ってきました。

interviewee:千々岩様(たばこと塩の博物館 館長)・袰地様(同館 広報担当主任)
interviewer:木原(フィールドアーカイヴ 代表)

古き良き下町の文化を
永く後世に伝えるために

失われつつある下町の文化を保存するためにできた施設。展示物を触って体験することで次世代に伝承するという特徴を持つ資料館の強みと弱みなどを伺うことができました。

interviewee:近藤様(下町風俗資料館 専門員)
interviewer:木原(フィールドアーカイヴ 代表)

物や歴史を遺す活動をされている様々な方にインタビューをし、遺し方や想いを共有するサイトです。